社長挨拶

 
 弊社は昭和62年の創立以来、一貫して北海道の社会インフラ、特に河川、砂防、道路事業に関わる調査、計画、設計、施工管理に携わってまいりました。  我が国は、大地震の発生、火山の噴火はもとより、度重なる台風の襲来や集中豪雨による土砂流出、洪水氾濫等により、毎年のように災害に見舞われており、災害に強い安心安全な国土づくりは私たちの願いであり、今後も粘り強く進めていかなければなりません。
 一方、これまで社会経済の発展を支えてきた社会インフラは、高度成長時期に集中的に整備されたため、老朽施設が急速に増えることが懸念されています。また急激な少子高齢化が進む中で生産性の向上を図るため、ICT(情報通信技術)を積極的に活用し、効率性の高い建設現場に変わろうとしています。
 そうした社会状況の変化の中で、当社としては、これまで培ってきた知識や経験を基に様々な技術を駆使して良質な社会インフラの整備に貢献したいと考えております。そのためにも日頃からの技術研鑽に取り組み、技術力向上に努め、皆様のご期待に沿うよう努力してまいります。

代表取締役社長  郡 義和

 

経営理念


  経営体質の強化を図り、地域社会の発展に貢献する。
  高い技術者倫理観を保ち、技術力の向上に努める。
  働きやすい活力ある職場環境の創出に努める。